筑波大学校友会

入会のご案内 会員専用 会員専用

筑波大学校友会について

筑波大学校友会とは

筑波大学(統合前の図書館情報大学を含む)関係者の連帯意識を醸成するとともに、同窓生と在学生、教職員との連携を進めることにより、ネットワークの拡大と世代を超えた交流を図り、帰属意識の一層の向上に努めるとともに、より強力で一体化した親睦・支援活動を行うことを目的とします。

ごあいさつ

筑波大学の卒業生・修了生、在学生及び教職員等を構成員として、平成29年1月「筑波大学校友会」が設立されました。

「筑波大学校友会」は、会員の皆様と筑波大学、あるいは会員同士が、生涯にわたって相互に絆を保ち、共に発展していけるよう、世代や分野を超えた交流の活性化を図り、より人生を充実させるべく親睦・支援活動を行うことを目的とする組織です。

筑波大学は、開学からおよそ40数年の月日を経て、「新構想大学」から「未来構想大学」へと進化を遂げ、未来の創造に寄与し世界に躍動するグローバルユニバーシティとしての存在感を保ち歩みつづけています。

大学を取り巻く環境、世界情勢は大きく変動し、その対応は極めて厳しくなってきております。その中で、筑波大学が、未来を創造する大学としての存在感を保ち、自立して発展していくためには、筑波大学出身者及び在籍者、関係者によるサポートが重要であり、大学と校友会が一体となって諸課題に挑戦し、具体的な成果を出していく必要があります。関係者の皆様が大いに交流し合い、双方でより豊かな活動成果をあげることができるよう、今後、具体的な事業を展開し充実を図っていく所存です。

「筑波大学校友会」を通じ、世代を超えた様々な交流が盛んとなり、共に活動する繋がりが広まっていくことを願っております。

皆様のご支援ご協力をよろしくお願い申し上げます。

筑波大学校友会
会長 江崎 玲於奈

 

略歴

  • 1925年大阪生まれ
  • 1947年東京帝国大学理学部物理学科卒業
  • 1947年川西機械製作所(後の神戸工業)に勤務
  • 1956年東京通信工業(現ソニー)へ移籍
  • 1957年エサキダイオード発見
  • 1959年理学博士(東京大学)、仁科記念賞受賞
  • 1960年ニューヨークIBM TJワトソン研究 所着任
  • 1965年日本学士院賞受賞
  • 1973年ノーベル物理学賞受賞
  • 1974年文化勲章受章
  • 1975年日本学士院会員
  • 1992年帰国、筑波大学学長
  • 1998年日本国際賞受賞、勲一等旭日大綬章受章
  • 1998年茨城県科学技術振興財団理事長(現在に至る)
  • 2000年芝浦工業大学学長
  • 2006年横浜薬科大学学長(現在に至る)

組織(令和元年7月8日現在)

会長

江崎 玲於奈 一般財団法人茨城県科学技術振興財団理事長(元筑波大学長)

副会長・理事

三屋 裕子 公益財団法人日本バスケットボール協会会長、公益財団法人日本バレーボール協会評議員(1981体専卒)
吉岡 高志 公益財団法人国際科学振興財団専務理事、筑波大学学長特別補佐、元東京海上研究所主席研究員(1978社会卒)

事務局長・理事

勝野 頼彦 筑波大学副学長

理事

阿部 要一 元MUTOHホールディングス株式会社常務取締役(1978自然卒)
池田 潤 筑波大学大学執行役員・人文社会系教授(1983人文卒)
石野 利和 一般社団法人筑波会議支援機構理事(前筑波大学副学長)
稲垣 敏之 筑波大学副学長
乾 正人 産経新聞執行役員論説委員長(1986比文卒)
岩木川雅司 SMBC日興証券株式会社副社長執行役員(1982社工卒)
小熊 誠 神奈川大学教授(1978人文卒)
小野寺 清 公益財団法人国際科学振興財団専務理事(1978人文卒)
佐藤 郁夫 アサヒグループ食品株式会社取締役執行役員企画本部長(1985社工卒)
四家 武彦 筑波大学情報学群知識情報・図書館学類(在学)
富山 順治 東京都立大塚病院病院長(1980医専卒)
中村 雅人 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構理事(1984基礎工卒)
町田 勝弘 日本中央競馬会副理事長(元農林水産省事務次官)(1981経政研修了)
松村 明 筑波大学医学医療系教授(1980医専卒)
三宅 智 国立駿河療養所所長(1984医専卒)
山上 俊夫 弁護士 やまうえ法律事務所代表(1988社会卒)

監事

西尾 修 筑波大学財務部長
藤平 進一 楽天ウォレット株式会社常勤監査役、前株式会社あおぞら銀行常勤監査役(1978社会卒)

会則(抜粋)

会員

1. 正会員:次に掲げる者で会費を納めたもの

  • 筑波大学の卒業生、及び修了生(在学した者を含む。)
  • 筑波大学の在学生
  • 筑波大学の役員、教職員(退職した者を含む。)
  • その他理事会が特に認めた者

2. 賛助会員

  • 本会の趣旨に賛同する個人又は団体で、理事会が承認し会費を納めたもの

管理・運営

1. 経 費:本会の運営経費は、会費、寄附金及びその他の収入をもって充てる。

2. 役員等:会長、副会長、理事、幹事、監事及び顧問

3. 会 議:総会、理事会、幹事会

会則 PDFダウンロード

会費

正会員

40歳未満の者:終身会費 50,000円、又は分割(20年有効)会費 30,000円
40歳から49歳の者:終身会費 30,000円
50歳から59歳の者:終身会費 20,000円
60歳以上の者:終身会費 10,000円

  • 分割(20年有効)の場合の起算は、在学生については、卒業・修了(退学)の年度の翌年度から、その他の場合は、入会年度からとします。
  • 年齢については、入会年度の末における年齢とします。
  • 既納の会費は返還しません。

賛助会員

個人:年会費 一口 10,000円(一口以上)
団体:年会費 一口 50,000円(一口以上)

  • 理事会による入会の承認後に、会費をご納入いただきます。
  • 入会初年度:納入いただいた会費は翌年度末まで有効です。
  • それ以降:納入いただいた会費は当該年度末まで有効です。
  • 既納の会費は返還しません。

TOPへ